ネット集客士養成プロデューサー 長山寛From: 長山 寛
船場センタービルの開業相談所より、、、

今日のテーマは、

「Facebookの基本データの中の
「自己紹介」の部分を
どのように書けばよいか?」

です。

ここは文字数の制限が
(ほとんど?)ないので、
だいぶしっかり書くことができます。

いい加減に書くのではなく、
わざわざ興味を持って見てくれた人に
あなたのことをしっかり
わかってもらうだけでなく、

共感してもらって、
応援してもらい、
ファンになってもらえるように
丁寧に書きましょう。

Facebookの基本データの中の 「自己紹介」をどのように書けばよいか?

書き方の前提としては、
理想の見込客像であるペルソナを
十分に意識した方が良いですが、

ペルソナについては
ここでは割愛します。

書き方としては、
ストーリー(物語)として
書くことがオススメです。

なぜストーリー形式が良いかというと、

・人は誰でもストーリーが好き

であり、

・宣伝ぽくないので潜在意識のガードに
邪魔されずに伝えたいメッセージを
見込客に届けることができる

からです。

ストーリー形式は、
プロフィールだけでなく、
お客様の声や体験談、
商品開発秘話などでも使えます。

ストーリー形式は、
ある程度書くことと順番が
決まっていますので、

そのテンプレートを押さえれば
誰でも簡単に書くことができます。

ストーリーの具体的な書き方については
また次回に。

つづく。

-長山 寛

追伸
Facebookを最速・最速で集客に結びつけるための5ステップを
セミナーで公開します。

http://e-lifechange.com/fbseminar/

追追伸
第15回大阪起業家交流会の
募集をはじめました。

http://e-lifechange.com/201703-kouryukai/

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

合わせて読みたい関連記事:

著者

長山 寛Facebook集客士
京大法学部から弁護士を目指す→音楽を仕事にしたくてライブハウスのバイト→PA見習いになるも能力なく挫折→ダイエットのお仕事に出会う→電機系商社を退職、ダイエット・コーチとして開業後、ソーシャルメディアを用いてまったくの素人から実店舗(心斎橋ダイエットカフェ)の集客・ブランディングに成功。そのノウハウをセミナー&コンサルティングで伝えFacebook集客士として結果を出している。