ついに知った、Twitterのフォロワー数増加の秘訣とは?


フォロワー数10,000人超の「強者?」が知っている
秘密とはいったい何なのか?

それを知るきっかけをくれたのは、
やはり師匠の堀さんだった。

「Twitterのビジネス活用について教えてくれる
 セミナーがあるから行ってみないか?」

堀さんは、そう誘ってくれた。

「本気でTwitterをビジネスに使おうとするなら
 一度ちゃんとしたことを勉強しておいた方がいい。」

そう思ったぼくは、
堀さんの誘いを受けて、

2010年4月14日、
「ツイッターミーティング大阪」(通称、ツイ大阪)主催の
Twitterのビジネス活用のセミナーに
堀さんといっしょに参加した。

そこで講師をつとめられていたのが、
ソーシャルメディアについてぼくが師匠と仰ぐ
ノブ横地さんだった。

当時、ノブ横地さんのTwitterのフォロー数は
確か30,000人ぐらいだったと思う。

いったいどうやって、フォロワー数が30,000人になったのか?

普通だったら最低でも10,000円は払わないと
教えてもらえないような秘訣を
ノブ横地さんはたった3,000円のセミナーで教えてくれたのだ。

その内容はまさに目からウロコだった。

そのセミナーの大前提は、

「Twitterをビジネス活用したいのなら、
 フォロワー数10,000人がスタート地点」


ということだった。

なぜか?

ビジネスというのは、価値のあるものを世の中に提供して、
その代償としてお金をいただく行為である。


自分の提供する製品やサービスに価値がある、
世の中のためになる、と確信するなら、
できるだけたくさんの人にその情報を伝えるのは
当然のことだ。


「なるほど、まったくその通りだ!」

ぼくはそう思った。

そして、その後に教えてもらった、
フォロワー数増加の秘訣は、
あまりにもシンプルなことだった。

そう。

「自分がフォローして欲しいなら、
 まずは相手をフォローしろ。」


あまりにシンプルだ。

もう一度。

「自分がフォローして欲しいなら、
 まずは相手をフォローしろ。」

なんてシンプルな原則。

これは別にTwitterやFacebookといった
ソーシャルメディアに限ったことではない。

自分が何かをして欲しいなら、
まず自分から相手に何かをしてあげる。

多くの宗教もナポレオン・ヒルのゴールデン・ルールも
みんなみんな、同じことを言っている。

「返報性の法則」というものだ。

まず何かをやってあげて、
はじめて何かがかえってくる。

何かをやってあげると、
恩義を感じるような理由で、
やってもらえるのだ。

具体的に言うと、
Twitterで誰かをフォローすると、
そのユーザーに
「○○さんがあなたをフォローしました」という
E-mailが届く。

そのE-mailを見て、
相手がフォローを返してくれる。

これをひたすら繰り返せば、
自分のフォロワー数も増えるのだ。

Twitterでは1日1,000人までフォローできるので、
平均して1日に350人ぐらいは
フォロワーを増やすことができるということだった。

(※現在では、1日にフォローできる数は
 自分のフォロワー数に応じて変わります。
 過剰なフォローをするとサスペンド(アカウント停止)
 になります。
 アカウント設定初期は1日30フォローぐらいが打倒ですが
 自己責任でおねがいします。)

ただ、ひたすらフォローを繰り返しても、
フォロー数が2,000人を超えると
それ以上はフォローできない。

これがいわゆる

「2,000人の壁」

というやつだった。

ノブ横地さんは、その、「2,000人の壁」を
超える方法も教えてくれた。

【マル秘レポート】65ページ『知識も経験もお金も人脈もない素人がTwitterフォロワー10万人、Facebookで友達5,000人になり実店舗の集客に成功した秘訣』
>> 無料ダウンロード


追伸
あなたのビジネスの売上&利益アップに直結する最新のソーシャルメディア・マーケティング情報とブログの更新情報をお届けします。下の登録フォームにいつも使っているE-mailアドレスを入力して「今すぐ登録!」ボタンをクリックしてください。

*メールアドレス

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

合わせて読みたい関連記事:

著者

長山 寛Facebook集客士
京大法学部から弁護士を目指す→音楽を仕事にしたくてライブハウスのバイト→PA見習いになるも能力なく挫折→ダイエットのお仕事に出会う→電機系商社を退職、ダイエット・コーチとして開業後、ソーシャルメディアを用いてまったくの素人から実店舗(心斎橋ダイエットカフェ)の集客・ブランディングに成功。そのノウハウをセミナー&コンサルティングで伝えFacebook集客士として結果を出している。