ネット集客士養成プロデューサー 長山寛From: 長山 寛
大阪ステーションシティのタリーズより、、、

昨日はぼくも理事になっている
NPO法人ハピネスチャリティーの
グラフィックについて、

開業相談所のデザイナーの
株式会社Do-it 土井くんとミーティング。

11/17(木)のハピチャリ主催、
「ソーシャルビジネスで社会を変える!
社会起業家とボランティアの交流会」
も残席わずかとなりました。

その後、高山さんと
店長になったケンちゃんに逢いに
堺筋本町のサカホン酒場へ。

さすがは休日前で
早々と満席になっていました。

きのこモツ鍋、
たまりませんね。

さて、今日のテーマは、

これが欠けていると
いいね!やコメントがもらえない!

です。

Facebookでこれが欠けているといいね!やコメントがもらえない!

ぼく自身が2010年にFacebookを
真剣に使いはじめたときのこと、

Twitterで集客に成功した方法を
応用すればいいと思い、

まずは友達をドンドン増やして
1ヶ月以内に2000人ぐらいに
なっていました。

そして、
これまたTwitterの時と同じように
朝の時間に「おはよう」のあいさつの
投稿をやっていたのですが、

いいね!もコメントも
なかなかつきません。

友達が2000人もいるのに
何の反応もないなんてなんで?

ぼくは何が何だかわかりませんでした。

しかし、
ある時、その致命的な理由に
ふと気づいたのです。

それは、

ぼく自身が誰にも
いいね!を入れてない
という事実でした。

そこからぼくは、
まずは機械的にでもいいから
テストしてみようと思い、

朝のあいさつの投稿をした後、
ニュースフィードを開いて
まずはいいね!を100個、
押してみることにしました。

そしたら、
2週間もたたないうちに
ぼくの投稿もいいね!を100個
もらえるようになりました。

これこそが、

「返報性の法則」、

つまり、
人は自分がやってもらったことを
他人にもやってあげたくなる、

ということだったのです。

こうして、
いいね!をもらえる数は
どんどん増えていったのですが、

他の方の朝のあいさつには
「おはよう」などのコメントが
入っていましたが、

ぼくの朝のあいさつには
コメントがまったく
入りませんでした。

それはなぜか?

続きはまた次回に。

つづく。

-長山 寛

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

合わせて読みたい関連記事:

著者

長山 寛Facebook集客士
京大法学部から弁護士を目指す→音楽を仕事にしたくてライブハウスのバイト→PA見習いになるも能力なく挫折→ダイエットのお仕事に出会う→電機系商社を退職、ダイエット・コーチとして開業後、ソーシャルメディアを用いてまったくの素人から実店舗(心斎橋ダイエットカフェ)の集客・ブランディングに成功。そのノウハウをセミナー&コンサルティングで伝えFacebook集客士として結果を出している。