ネット集客士養成プロデューサー 長山寛From: 長山 寛
船場センタービルの開業相談所より、、、

昨日は南堀江で
木村 佳生さん主催の第3回 ビジプラ交流会に
参加させていただきました。

ぼくらの座った席だけ
半個室になっていたので
そこだけ合コンみたいでした(笑)

またまたたくさんの
ご縁をいただきました。

主催の木村さん、
運営のみなさん、
ありがとうございました。

次回もまた、
楽しみにしています!

さて、今日のテーマは、

Facebook集客で
見込客がランディングページに来た後
どのように進んでもらうか?

です。

Facebook集客で見込客がランディングページに来た後どのように進んでもらうか?

例えば、
ダイエットカフェのビジネスで

ランディングページ
(受注をとるためのページ)に
見込客が来ました。

ランディングページに
絶対必要なものは、

・見込客が申し込めば
どのように変化できるのか、
何を得られるのかを
リアルにイメージできるコンテンツ

です。

ダイエットのビジネスであれば、
Before/Afterを写真で証明するのが
一番シンプルです。

そして、後は、

・申し込むための条件
・申込みフォーム

です。

意外に重要なのが申込みフォーム。

お名前、メアドと、携帯番号、
どこに住んでるのか、
何キロ痩せたいのか、備考、
送信ボタン

がついてるアレです。

見込客が「やってみよう!」と
思った時にスムーズに
申し込めることが大切。

アメブロを使ってる方とかで多いのが

「興味がある方は
コメントまたはメッセージで」
「こちらのアドレスにメールください」

という書き方ですが、
これは良くないです。

見込客からすれば、
そもそも何をメッセージすればいいのか
わからないし、

何より面倒くさい。

だから申込みが減りますし、

メッセージやコメントで
やりとりしている間に、

別の用事が入ったり
寝る時間が来たりしたら

その方は一生帰って来ません。

これはお互いにとって
アンハッピーですよね。

ですから、申込みフォームは
必ず準備しましょう。

次回は、Facebookページや
WEBを個人ページのタイムラインに
投稿してそこから申込みを
とる場合について

です。

つづく。

-長山 寛

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

合わせて読みたい関連記事:

著者

長山 寛Facebook集客士
京大法学部から弁護士を目指す→音楽を仕事にしたくてライブハウスのバイト→PA見習いになるも能力なく挫折→ダイエットのお仕事に出会う→電機系商社を退職、ダイエット・コーチとして開業後、ソーシャルメディアを用いてまったくの素人から実店舗(心斎橋ダイエットカフェ)の集客・ブランディングに成功。そのノウハウをセミナー&コンサルティングで伝えFacebook集客士として結果を出している。