ネット集客士養成プロデューサー 長山寛From: 長山 寛
船場センタービルの開業相談所より、、、

昨日は家でご飯の日で、
帰ると食卓に王将の餃子が
並んでたので喜んだのですが、

着替えるために自分の部屋に上がって
着替えてベッドに寝転んだら
ご飯も食べずに朝まで寝落ち。

おかげで、今朝の朝食は
王将の料理と成りました。

ヘビー(笑)

SNSのFacebookと対比した「マスメディアの構造」とは?

さて、今日は、
ソーシャルメディアを理解するために
まずは対比して、

「マスメディアの構造」について
考えてみましょう。

「4マス」と言われる
マスメディアの4媒体、
テレビ、新聞、ラジオ、雑誌を
イメージしてください。

これらはどれも、
テレビ局や新聞社といった
情報の発信者がいます。

そして、受信者はぼくらのような
「普通の個人」「一般大衆」です。

情報は上にいる発信者から
下にいる受信者に上意下達のように
降ってきます。

受信者であるぼくら普通の人は、
ただ上から降ってくる情報を
受けるだけであり、

発信者の側にまわることは
ありません。

発信者と受信者は固定され、
永遠に入れ替わらないのです。

情報が集まるのは発信者であり、
お金が集まるのも発信者であり、
権力が集まるのも発信者です。

発信者が得して、
ぼくたち受信者は、
実は損しているのです。

発信者が「しかける側」であり、
ぼくら受信者は「しかけられる側」
なんです。

「しかける側」と「しかけられる側」が
常に固定されている世界、
これがマスメディアの構造なんです。

考えたことありましたか?

次回は、Facebookと
ソーシャルメディアの構造について
考えていきますね。

つづく。

-長山 寛

追伸
「しかけられる側」から「しかける側」に
まわりたいなら、

Facebook集客で
「特技・スキル」を仕事にする
“ハイパーシンプル起業術”
セミナー。

http://e-lifechange.com/fbseminar/

LINE@登録7大特典差し上げます!

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

著者

長山 寛Facebook集客士
Facebook集客士。
京都大学法学部卒。
満員御礼マーケティング 代表。
1976年生まれ、滋賀県出身、大阪在住。

年商300万円から500万円の
コーチ・コンサル・セラピスト等個人起業家に
3ヶ月で売上3倍を実現する
高単価クライアント集客法を伝える専門家。

Facebook集客を最短・最速で実現する
「満員御礼マーケティングメソッド」をベースに、
個別コンサルティングとグループコンサルティングを
組み合わせた個人起業家コミュニティ
「長山塾」を運営している。

新卒で大阪市内の電機系商社に8年間勤めたのち、
ダイエットカフェのビジネスで独立。
お店をあけても誰も来てくれず、
銀行口座の残高がどんどん減る毎日を経験する。

そんな時にTwitter・Facebook等のSNS集客と
出会ったことをきっかけに、集客に困らなくなる。

しかしながら、3年半で300万円の借金を背負い、
実家の南草津に帰るという人生最大の挫折を経験する。

借金返済のために堺筋本町の人材サービスの会社に
月給21万円で拾ってもらい、大阪府の事業運営を経験。
3つめの事業では事業責任者として9ヶ月で60回の
創業支援セミナーを企画運営し、のべ1,869人の集客に成功した。

その後、コンサルタントの師匠との出逢いをきっかけに、
個人起業家が成功するためには単価20万円以上の
高単価商品を作ることとセールス力を磨くことが
必須であると知り、それらを採り入れて
コンサルタントとして2度目の独立を果たす。

世の中を見渡すと、専門分野のスキルは高いのに
集客やセールスが苦手なために思うように顧客獲得できず
能力も発揮できないで年収500万円以下でくすぶっている
コーチ・コンサル・セラピストが多いこと実感し、

彼らの集客・セールスを助けることは
彼らの未来のクライアントためでもあり、
世の中のためにもなると決意する。

高単価クライアント集客を実現する
「満員御礼マーケティングメソッド」によって
最初の5ヶ月で645万円の売上を上げることに成功し、
「集客をこんなにわかりやすく教えてらったのははじめてだ」と
圧倒的な支持を受ける。

現在、長山塾というクライアント・コミュニティーで
個人起業家を指導。

2020年までにFacebook集客でNo.1になり、
500人の年商1,000万円を達成するコーチ、コンサル、
セラピスト等の個人起業家を生み出すことをミッションとする。

そして、好きなことを仕事にして稼ぐエネルギーに
あふれた集団となり、世の中の大人や若者、子どもたちに
夢を与え続け、物心ともに豊かな社会を実現することを目指している