なぜFacebookではTwitterに比べて体感速度10倍で相手と仲良くなれるのか?
こんにちは!
ソーシャルメディア・マーケティング・コーチの長山です。

見込客の方に進んでもらいたい導線を
はっきり明確にすることによって、

Twitter上のリンクをクリックした見込客が
自動的に無料ダイエットモニターの申込みまで
進んでくれることになりました。

そして、TwitterからFacebookに移行すると、
もっと簡単に申込みをもらえるようになったんですが、

どのように簡単になったかについて
今回お話したいと思います。

「ソーシャルメディアをビジネスに使いたいんですが、
 Twitter、Facebook、Google+などいろいろある中で、
 どれから始めたらよいですか?」


という質問をされることがあります。

将来的にはわからないですが、
今現在(2014年3月)だと
圧倒的にFacebookだと思います。

なぜか?

理由は簡単です。

それは、FacebookはTwitterやGoogle+といった
他のソーシャルメディアに比べて、
信頼関係を構築するスピードが
圧倒的に早い
からです。

一般的に

「人間同士の信頼関係の深さは接触頻度に比例する。」

という法則があります。

一度しか逢ったことがない相手や、
2,3回しか逢ったことがない相手よりも
10回逢ったこと相手の方が信用できると思うのは
誰だって同じでしょう。

そのため、営業やマーケティングの世界では、
お客さまに定期的に手紙やニュースレターを
送ることが推奨されます。

これはそれなりに労力がかかることですが、
非常に大切なことで、実際に効果があります。

ところが、Facebookだと、
相手と接触=コンタクトするのがとても簡単なんです。

「いいね!」や「コメント」を送るだけで、
相手とコンタクトしたことになるのです。

リアルに逢うのに比べると
1回のコンタクトあたりの効果は高くはありませんが、

1回あたりの労力がきわめて小さく、
毎日でもやることができるので、
接触回数をものすごく増やすことができるのです。

ですから、Facebookでは、
知り合った方と信頼関係ができたり、
親密になったりする速度が
とても速いのです。

Facebookで知り合った相手とリアルで初めて逢った時に
以前から相手のことをよく知っていたような
気持ちになることも良くある話。

それは、日常的に相手の投稿を見ているし、
「いいね!」や「コメント」を交わしているからなのです。

では、なぜFacebookではTwitterに比べて
体感速度10倍で相手と仲良くなれるかのというと、

1. Facebookは実名顔出しである。
2. Facebookの方が相手の多くの情報をえることができる。
3. Twitterのタイムラインがどんどん流れていくのに対して、
 Facebookでは相手のタイムラインを見に行くのが容易である。
4. Facebookでは相手に「いいね!」やコメントをすると
 リアルタイムに通知される。

という4つの理由があるからです。


「1. Facebookは実名顔出しである。」については、

言わずもがなですが、
原則として実名顔出しのメディアであるFacebookでは、
プロフィールや投稿内容に信用がおきやすいです。

ちなみに、ぼく自身はTwitterもビジネス活用で使い始めたので、
実名顔出しで使っています。

「2. Facebookの方が相手の多くの情報をえることができる。」については、

140文字という字数制限があるTwitterでは
長い文章は投稿できませんし、
画像、動画もあまり頻繁に投稿しない傾向にあります。

それに比べてFacebookでは長い文章や
画像、動画を投稿しやすく、多くの情報が得られるので、
相手に対してより安心感を抱くことができるのです。

「3. Twitterのタイムラインがどんどん流れていくのに対して、
 Facebookでは相手のタイムラインを見に行くのが容易である。」については、


Twitterでは特定の相手の投稿をチェックし続けるには
リストやハッシュタグの活用が不可欠で、
その使い方を知る人があまり多くない、
ということが言えます。

これに対してFacebookでは相手の実名で
簡単に相手のプロフィール画面を見つけて
そのタイムラインを見ることができるので、
特定の相手とコンタクトし続けるのも簡単なのです。

そして、
4. Facebookでは相手に「いいね!」やコメントをすると
 リアルタイムに通知される。については、


Facebookでは「○○さんが自分に何かしてくれている」ということが
すぐにわかるので、それだけ接触回数が
多く感じるのです。

以上の理由から、
FacebookではTwitterに比べて
体感速度10倍で相手と仲良くなれるので、
ビジネス活用もしやすいのです。

さて、次は、TwitterやFacebook等の
ソーシャルメディアを使ったブランディングについて
書いていきたいと思います。

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

合わせて読みたい関連記事:

著者

長山 寛Facebook集客士
京大法学部から弁護士を目指す→音楽を仕事にしたくてライブハウスのバイト→PA見習いになるも能力なく挫折→ダイエットのお仕事に出会う→電機系商社を退職、ダイエット・コーチとして開業後、ソーシャルメディアを用いてまったくの素人から実店舗(心斎橋ダイエットカフェ)の集客・ブランディングに成功。そのノウハウをセミナー&コンサルティングで伝えFacebook集客士として結果を出している。