Facebook集客士 長山寛From: 長山 寛
四ツ橋・新町のオフィスより、、、


ジェフ・ウォーカーのイベントの翌日、
月曜日にうちのオフィスに
師匠の田中さんが来てくれて、

グループコンサルでした。


コンサルでいただいたアドバイスを元に、
さっそく新しいLPを作ってみました。

いかがでしょうか?

==========

なぜ、実績も経験も無い幼稚園の先生が、
月収50万円を安定的に稼げる
人気カウンセラーになれたのか?

http://e-lifechange.com/l/hr_lp3/?mm0705

==========


画像の処理は
そんなに得意じゃないんですが、

そんなぼくが1時間もかけずに
作ったにしては、

まぁ、オッケーなんじゃないかなと
勝手に思っています(笑)



さて、

プロダクト・ローンチ・フォーミュラの
開発者、ジェフ・ウォーカーの
来日イベントについて、

書こうと思います。


登壇時間の90分ぐらいの間、
まったく価値提供の時間がなく
最初から最後までセールスっていう

デビッド○○さんみたいな
スピーカーもいましたが、


ジェフ・ウォーカーと
プロダクト・ローンチ・ジャパンの
池田秀樹さんに会えたのは大きいし、

やはり、田中さんのたった20分の登壇で
400人がLINEに登録したスピーチが

素晴らしかったと思います。


今回、ぼくは田中さんから
連絡をいただいて、

前夜祭の屋形船と
1日目の夜のBBQイベントのアレンジを
少しだけお手伝いさせていただきました。


そしたら、
せっかく会場近くだったはずのBBQが、
セミナー会場が変わったために
近くなくなってしまった、

なんていうハプニングもありましたが、
チーム田中、チーム「全員で勝つ」が
まとまることができたので、

結果的に、良かったなぁと。


田中さんが、当日のスピーチについて
メルマガに書かれていたので、

以下、引用しますね。

==========

田中祐一です。

大阪で受講生に
コンサル中です。


昨日は、
「ジェフウォーカー来日1000人セミナー」
で登壇して来ました。


写真はこちら。飛び先はFacebookですけどね。
http://m.1gnitestrategy.com/l/m/bDqECZ7zk4XVTp


いやさ、ブースを1日で準備したり、
登壇タイミングが1時間前までわからなくて
ドタバタしましたが、、、


自分なりに


「渾身のプレゼン」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ができました。


その辺、色々戦略的な
思考の部分は今後のメルマガで
シェアして行きますね。


まずは、プレゼンが無事終了のお知らせと
精一杯の感謝を。


1000人セミナーに登壇すること時代
僕一人の力ではできなかった。


===========
「全員で勝つ!」
   ×
「プロダクトローンチ」
===========


というテーマでプレゼンしました。


このプレゼンもまた
「全員で勝つ!」でなりたったものです。


・公演5日前にミルトンエリクソンに
精通している神 崇仁(こう たかひと)さん
にコンサルを受けました。

心を動かすプレゼンに関して
根本的なマインドから、シナリオ、
さらには非言語の影響について学びました。



・多くの受講生が、忙しい時間をさいて
大阪に来てくださいました。


それが何よりも嬉しい^^


僕の登壇が土曜日だと思って、
1日だけでもと大阪に来てくれて
とても嬉しかったです。

・プレシャスナビゲーターの花島あのんさん
・ピアノ教室応援コーチの保科ようこ先生
・EZライティングの小林P
・右脳感覚セールスの佐々木のりこさん
・副業億越えプロデューサーの柳沢なつこさん
・ゼロWEBサポーター育成の朝田哲郎
・人柄マーケティングの鈴木ケンちゃん
・世界観ブログの山中シゲノブさん
・素晴らしいコミュティを運営する三浦ひろきさん
・無料集客テンプレートの長山さん
・ロシアン帰りの石塚洋介さん

という「パートナー型プロデューサー講座」
の仲間をはじめとして、、、


それこそ「プロダクトローンチ実践コース」
も含めたらすごい人数の方に助けてもらいました!

ああ一緒に参加した名前が書ききれない!!
ごめんなさい!!


・ジェフ・ウォーカーを日本に呼び、
僕に登壇のチャンスをくれた
池田 秀樹さん。

ともに盛り上げましょう!と
誘っていただきました。
彼がいなかったら僕は登壇できていない。


・そもそも、このイベントを運営した
ライブクリエイトさん。

1000人というレベルで
毎月大型イベントができるだけで
すごいことです。

ジェフ・ウォーカーを呼んだ
大元であり、会場を温めてくれた
小山さんにも感謝です。


・深夜まで、いや当日の1時間前まで
スライド修正やブース対応を協力していただいた
田中由里恵さん。
彼女がいなければ資料はさっぱり間に合っていません。
いつも負担をかけていますので、感謝してもしきれません。


・そして社長不在で会社を支えてくれている
ザ・リードのメンバー。
みんながいるから頑張れる。
いつも自由でわがままな社長についてきてくれて感謝。


なんかもう書き出したら
キリがないんだけど、、、


誰かに感謝を感じながら
ビジネスするって大事だよなーって
思う。


結局、自分ひとりが儲けるためには
頑張るのは限界があって、、、


誰かにいただいている恩を
もっと世の中に循環させるというか。


だから頑張れるんだな。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


背負うものが大きくなることで
器も大きくなっていくと思います。


あなたは誰の思いを背中にのせて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ビジネスをしていますか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


これを感じることが
馬力につながりますよ!


さて、最後にシェアがあります。


中原 徹也さんが
僕のことをfacebookに書いてくれました。

心の底からのアウトプット文章だと感じ取りました。

さすが18記事で3000万円を生み出す
オウンドメディアのコンサルタントです。


自分の感じたことを
素直にアウトプットできる人は
強いですね。

================

【誇らしかったです】

僕は基本的に
売り込みがキライな人間です。

本当に欲しい、必要だと思う人で、
かつ商品を手にしてプラスになる場合にしか
サービスを提供したくありません。


もしその人の為になるなら
自分以外のサービスでもオススメします。


そんな僕ですが
昨日のお昼にも投稿しました通り、

6月30日、7月1日の2日間連続で
ジェフ・ウォーカーという
伝説的なマーケッターの
初来日記念セミナーに参加していました。


今回のセミナー、
実は正直なところ途中から最後一歩手前まで
( ;´・ω・)ショボーンって感じでした。

全体的に売り込み色が強かったからです。


2日間ですが、途中で離脱した人もいました。
帰りはしないものの、話の最中に抜けた人も
ちらほら。僕もその一人です。


もちろん、説得力のある講師さんもいました。
学びが得られる場面も多くありました。


メインスピーカー以上にキレのある
主催者・小山さんのトークに熱くなったり、

ジェフの講義、
そして池田さん、横山さんとのやりとりは
感慨深いものがありました。


でも正直、信頼できるのかは最後まで
よくわからないプレゼンもあったんです。

なぜならそのプレゼンには
価値提供がなかったから。


価値提供とは

「自分こそがあなたにとって
必要な人である」

ということを、

自らの知識・ノウハウ・実績・
プレゼンによって今まさに証明するのです。


いくら有名であっても、その場の人の心に
信頼感が生まれなければ意味がありません。


それを欠いていたプレゼンもあったのです。


ただ、

僕のローンチの先生である
田中 祐一さんのプレゼンは違いました。

登壇してから売り込みは一切なく
会場を笑いで包み込んだり

本来初心者には難しい
マーケティング手法である
〝プロダクトローンチ〟をカンタンに
そしてお金をかけないところまで落とし込み

〝全員で勝つ〟という
まさにそれを求めていたという
モットーを掲げました。


絵空事ではなく、
すでにこれまで彼自身が仲間とともに
実践してきた確固たる方針です。


今回のセミナーの中で
イチバン爽やかな雰囲気を醸し出しています。


「信頼できそうなスピーカーが現れた」
会場はそんな期待に満ちた雰囲気です。


「この会場に僕の受講生も来ています」
受講生一同が立ち上がる場面もあり、
その一員であった僕も拍手をいただきました。


和やかなムードでありながら
誰もが田中さんに注目しています。


そして次に
田中さんがプレゼントの宣言をした
瞬間、僕の近くでは
軽くどよめきが起こりました。


初心者でもカンタンにできるように
落とし込んだプロダクトローンチの
動画講座を「無料でプレゼントします」。

それも合計 297 分。


観る側も気合の入る
「価値しかない」本気の動画講座です。
さらに21日間のメール解説も
ついてくる、と。


プレゼントをもらうための
QRコードがスクリーンに映し出された瞬間、

ふと後ろを見てみると会場の至るところで
スマホを前にかざしているのが
目に入りました。


みんな、田中さんに魅せられての行動です。


おそらく会場のほとんどを味方に
つけていたと思います。


会場には聴衆が約1000人。


田中さんもその人数を相手に話すのは
初めてで、話す練習もひそかに行ったとか。
それももちろん、仲間と、です。


「出し惜しみしない、全員で勝つ」
田中さんの口グセです。


世界レベルの大舞台で
「田中祐一」の価値を
自ら証明してみせました。


かっこよかった。
皆さんに見てもらいたかったです( ´ ▽ ` )?


彼が自分の先生でよかった
そんな誇らしい気持ちになった出来事でした。

================

はむはむ。


もっと、この土日の気づきを
シェアしたいのですが、
量が半端ないのでまた別途
お伝えしますね。


では!

================


はい、ここまで読んでいただいた方、
本当にありがとうございます。


チーム田中で
本当に良かったと思いますね。


次回は、ジェフについて
書こうかと思います。


では、また!


長山 寛


追伸

なぜ、実績も経験も無い幼稚園の先生が、
月収50万円を安定的に稼げる
人気カウンセラーになれたのか?

その秘密を大公開!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

あなたのカウンセラー起業をサポートする
“5つのテンプレート”と“3つの動画”を
無料で受け取りませんか?
↓ ↓ ↓
http://e-lifechange.com/l/hr_lp3/?mm0705
※7月8日(日)23:59までの期間限定

————————————————–
■LINE@に登録で7大特典プレゼント!
————————————————–

・セミナー集客51の打ち手リスト
無料配布(PDF形式)

・お客様をわしづかみにする
世界一簡単な“じぶんストーリー”の
作り方(音声教材配布)

・Facebookやブログにどれだけ投稿しても
集客・売上げに結びつかない人のための
たった1つの解決策(音声教材配布)

・個別相談で売れる人と売れない人の
根本的な違いとは?(音声教材配布)

興味あれば、こちらからLINE@に
登録してくださいね。

LINE@登録7大特典差し上げます!

facebookやtwitterでリアル店舗へ集客したい人は他にいませんか?

著者

長山 寛Facebook集客士
Facebook集客士。
京都大学法学部卒。
満員御礼マーケティング 代表。
1976年生まれ、滋賀県出身、大阪在住。

年商300万円から500万円の
コーチ・コンサル・セラピスト等個人起業家に
3ヶ月で売上3倍を実現する
高単価クライアント集客法を伝える専門家。

Facebook集客を最短・最速で実現する
「満員御礼マーケティングメソッド」をベースに、
個別コンサルティングとグループコンサルティングを
組み合わせた個人起業家コミュニティ
「長山塾」を運営している。

新卒で大阪市内の電機系商社に8年間勤めたのち、
ダイエットカフェのビジネスで独立。
お店をあけても誰も来てくれず、
銀行口座の残高がどんどん減る毎日を経験する。

そんな時にTwitter・Facebook等のSNS集客と
出会ったことをきっかけに、集客に困らなくなる。

しかしながら、3年半で300万円の借金を背負い、
実家の南草津に帰るという人生最大の挫折を経験する。

借金返済のために堺筋本町の人材サービスの会社に
月給21万円で拾ってもらい、大阪府の事業運営を経験。
3つめの事業では事業責任者として9ヶ月で60回の
創業支援セミナーを企画運営し、のべ1,869人の集客に成功した。

その後、コンサルタントの師匠との出逢いをきっかけに、
個人起業家が成功するためには単価20万円以上の
高単価商品を作ることとセールス力を磨くことが
必須であると知り、それらを採り入れて
コンサルタントとして2度目の独立を果たす。

世の中を見渡すと、専門分野のスキルは高いのに
集客やセールスが苦手なために思うように顧客獲得できず
能力も発揮できないで年収500万円以下でくすぶっている
コーチ・コンサル・セラピストが多いこと実感し、

彼らの集客・セールスを助けることは
彼らの未来のクライアントためでもあり、
世の中のためにもなると決意する。

高単価クライアント集客を実現する
「満員御礼マーケティングメソッド」によって
最初の5ヶ月で645万円の売上を上げることに成功し、
「集客をこんなにわかりやすく教えてらったのははじめてだ」と
圧倒的な支持を受ける。

現在、長山塾というクライアント・コミュニティーで
個人起業家を指導。

2020年までにFacebook集客でNo.1になり、
500人の年商1,000万円を達成するコーチ、コンサル、
セラピスト等の個人起業家を生み出すことをミッションとする。

そして、好きなことを仕事にして稼ぐエネルギーに
あふれた集団となり、世の中の大人や若者、子どもたちに
夢を与え続け、物心ともに豊かな社会を実現することを目指している